HOME > 外壁塗装の知識 > 塗り替え時期をチェック
塗り替え時っていつごろ?

一般的には鉄部・木部で5年から、外壁で10年から塗り替えをされる方が多いのですがペンキの寿命はあくまで目安であり個々の建物のおかれた環境等によって大きく変動します。
耐久性と経済性にのっとって最適な時期を決めるには 定期的に建物を見たり触れたりして判断されるといいでしょう。
まずは、外壁素材を確認
サイディングボード
モルタルよりも耐火性に優れたパネル壁材の総称です。
施工の手間がかからず、工期が短い上にコストが安いため、ハウスメーカーの標準仕様になりつつあります。
サイディングボードには窯業系、金属系、合成樹脂系の3種類があります。
最も一般的に使用されているのは窯業系サイディングボードです。
Ⅰ)窯業系サイディング
窯業系サイディング基材のセメントと繊維質材料を高温・高圧で成型したもので、色・柄などの パターンも豊富です。
Ⅱ)金属系サイディング
金属系サイディング 主な原料はカラー鉄板やアルミニウム合金で、窯業系に比べて新築時よりも改装時に用いられることが多い素材です。
Ⅲ)合成樹脂系サイディング
合成樹脂系サイディング 色落ちや変色が少なく、酸性雨にも強く金属系のようにさびることもない反面、耐火性・耐衝撃性が低く日本のような密集した住宅事情には適さない面もあります。
モルタル
モルタル1 モルタル (mortar) とは、砂(細骨材)とセメントと水とを練り混ぜて作る建築資材のことです。
コンクリートとの違いは、砂利(粗骨材)が入らないことです。
コンクリートと比べると高価で、クリープ現象などの伸縮も起こしやすいため、構造材料として単独で用いられることはありません。

施工しやすく、コストが安く、また防火性能があるので一般によく用いられます。
モルタル壁は吸水乾燥を繰り返すことや振動などでクラック(ひび割れ)が入りやすく、放置しておくと雨水等が入り込み住まいを劣化させます。

また吸水性が高いため北面などの日当たりが悪い場所ではカビが発生しやすく、早期に防水効果の高い塗料で塗り替える必要性が高いと言えます。
ALC
高温高圧養生処理して作られた 「軽量気泡コンクリート」と呼ばれる建築材料で、表面にはちいさな空気の泡跡のような穴がぎっしりと開いています。
コンクリートに比べ断熱性が10倍と燃えにくく、ホルムアルデヒドといった有害物質を含んでいません。

また、気になるアスベストもゼロ、地震に強い、遮音性能もあるなど多機能な素材です。
実際にチェックしてみよう
建物が老朽化しているかどうかの判断はなかなか難しいものですが、 パッと見ただけで分かる症状がいくつかあります。
自宅の外壁に次のような症状が見られたら塗り替えどきかも知れません。

①壁面にひび割れ(クラック)がある
②手で壁を触ると白い粉のようなものがつく(チョーキング)
③外壁の塗装膜にハガレがある
④カビや苔・藻が発生している
⑤表面に小さな穴がポツポツとあいている(ピンホール)
クラック、ひび割れ
クラック、ひび割れ1構造クラック
構造の強度不足が原因で起こる大きなひび割れです。
時間と共にひび割れが大きくなったり、ひびの太さがおよそ0.3mm以上の場合は構造クラックの可能性が高いです。
ひび割れから雨水などが入ると基礎内部の鉄筋を錆びさせたり、内部が腐りやすくなったりするので早急に補修が必要となります。
クラック、ひび割れ3収縮クラック
塗膜に裂け目が出来る現象で、塗膜表面の浅い細かいひび割れのことです。
ひび割れが髪の毛程度の太さなのでヘアークラックとも呼ばれます。
床下通気口の角に発生しやすく、深度は浅いため早急に補修が必要というわけではありません。
外壁をさわると白い粉がつく(チョーキング)
チョーキング1 白亜化現象とも言われ、雨・風・太陽光線(紫外線)、熱などにより塗膜が分解して、表面が次第に白い粉上になる表層劣化のことです。
外壁塗り替えの目安のひとつになります。
外壁塗装膜のハガレ
外壁塗装膜のハガレ1 塗膜が付着力を失ったため、素地から離れてしまう現象を言います。
大はがれをスケイリング、小はがれをチッピング、連続はがれをピーリングといいます。
外壁に苔・藻の発生
外壁に苔・藻の発生1装したのち、塗膜劣化によって塗膜表面に汚れが付着しやすくなります。
また、日当たりの悪い場所にはコケやカビが発生します。
金属製のものであれば腐食や、周囲の物質との関係で引き起こされるサビなどの現象が発生します。
ピンホール
チョーキング1 ヘアークラック外壁の表面にポツポツと小さな穴がいくつも開いていることがあります。
これは吹き付け塗装などの時に空気を巻き込んでしまい、乾燥過程でその空気が抜ける際にできる穴で、巣穴とも呼ばれます。

外壁全体で水を吸収してしまうため防水効果を損なう原因となります。
最終的におトクな塗り替えの仕方とは?
外壁塗装のプランはたくさんありますが、価格だけで選んではいませんか?
そのときは安く済んだとしても、またすぐに外壁の塗り替えが必要になり、何度も工事をすることになってしまいます。
プランを選ぶときは、目先の価格の安さではなく、将来的にかかるトータルの費用を考える必要があります。

外壁や屋根の塗り替え、設備の補修や交換など、家は月日が経つと思った以上にメンテナンス費用がかかります。
大切なのは見積書に書かれている金額を安くすることではありません。
その後のメンテナンス費用も含めて家にかけるトータルの費用を安くすることが大切です。

例えば、塗料選びはとても重要です。アクリル塗料は非常に安く済みますが、耐用年数が短いため何度も 塗り替えが必要になり、最終的には値段の高いシリコンやフッ素塗料よりもトータルの費用が高くつくことがあります。
ただ安いからという理由で塗料を選ぶのではなく、5年、10年後の状況を考えてベストな塗料を選ぶことがトータルの費用を安くおさえるカギになります。それが最終的におトクな塗り替えの仕方なのです。

冊子無料配布中